2019/09/17
脱毛方法

VIOは家庭用脱毛器でもできる?おすすめ脱毛器・選び方をご紹介

「面倒な自己処理から解放される」「デリケートゾーンを清潔に保てる」といった理由で、VIO脱毛を始める人は急増しています。
脱毛サロンやクリニックでの脱毛も人気ですが、最近では自宅で気軽にできるセルフ脱毛に注目が高まっており、家庭用脱毛器の種類も豊富です。

そこで、セルフでVIOの脱毛をする際の家庭用脱毛器について、選び方やおすすめ商品、注意点を詳しくまとめました。

VIO脱毛のための家庭用脱毛器の選び方


まずは、VIO脱毛のための家庭用脱毛器を選ぶ際に確認しておきたいポイントをご紹介します。

VIOに対応しているか確認する

全ての家庭用脱毛器がVIOに対応しているわけではありません。
特にIライン、Oラインはデリケートで黒ずみやすい部位のため、安全面から使用できないものも多いです。
購入の際は、VIOに対応しているかどうかをよく確認しましょう。

カートリッジや照射回数でコスパを確認する

家庭用脱毛器は自宅で気軽に使用できるため便利ですが、5〜10万円するものが多く安い買い物ではありません。
中には低価格で購入できるものもありますが、安くても照射回数が少ないものはカートリッジの交換が必要だったり、本体ごと買い替えなければいけなかったりで、結果的に高くついてしまうことも。
価格が多少高くても、1度の照射回数が多いものを選ぶと長く使うことができます。

また、カートリッジの交換が可能かどうかも同時に確認しておきましょう。
カートリッジの交換ができない脱毛器は使い捨てになってしまい、新しい機種を購入しなければならないので注意しましょう。

VIOに照射しやすい形かを確認する

家庭用脱毛器の照射口は種類によって面積や形がさまざま。
デリケートゾーンであるVIOを失敗なく脱毛するためには、照射口がVIOの形にしっかりフィットするものを選ぶことがポイントです。
VIOに適した照射面積は以下の通りです。

・Vライン(ビキニライン)縦約10cm×横約8cm
・Iライン(陰部の両側)縦約5cm×横約1cm
・Oライン(ヒップ奥)縦約1cm×横約1cm

VラインとI・Oラインでは照射面積が異なります。
部位別に脱毛器を購入する必要がないように、大きさの違う照射口が付属しているものを選ぶのがおすすめです。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器7選

選び方のポイントをふまえて、VIO脱毛におすすめ家庭用脱毛器7選をご紹介します。

シルクエキスパート

By: amazon.co.jp

ブラウンのシルクエキスパートは、光フラッシュ式で高い安全性が魅力の家庭用脱毛器です。
肌の色を見極め、安全かつ効果的な照射レベルに自動で調整してくれるシステムを搭載。肌への負担を最小限に抑えながら脱毛できます。

選べるモードは「基本フラッシュモード」「連続フラッシュモード」「やわらかフラッシュモード」の3種類。脱毛したい部位に合わせて変更が可能です。

VIOはもちろん全身の脱毛に高い効果が期待できますが、本体とカートリッジが一体化しているため、使い捨てになってしまうのが欠点です。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
45,280円(税込) 約30万回 光フラッシュ式

ケノン

By: ケノン公式ショップ

ケノンは日本人の肌質や毛質に合わせて全て国内で製造された安心・安全の家庭用脱毛器です。
高い脱毛効果や使いやすさが口コミでも評判で、顧客満足度が98%以上、Yahooショッピングでは数ある脱毛器の中でも人気No1を獲得しています。

カートリッジは交換可能で種類も豊富のため、あらゆる部位の脱毛が可能。
照射回数はレベル1で約300万回、レベル10でも約50万回と、全身に使ったり家族と一緒に使っても使い切らないほどの量です。

公式サイトでは割引キャンペーンや無料カートリッジのサービスなどが用意されており、お得に購入することができます。
多少値段が高くても、コスパのよい家庭用脱毛器を探している方にはおすすめの1台です。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
68,800円(税込) 約300万回(レベル1の場合) 光フラッシュ式

ツーピーエス クリスタル

By: ツーピーエス.com

ツーピーエス クリスタルは自宅でサロン並のお手入れができるフラッシュ式の家庭用脱毛器。
楽天では家庭用脱毛器人気No1を獲得するなど、口コミでも評判の1台です。
1台でVIOはもちろん全身のあらゆる部位に使うことができ、肌に負担をかけずに脱毛できるため、敏感肌の方でも安心です。

ボタンを押さずに肌に当てるだけで照射できる自動照射機能を搭載しており、誰でも簡単に使うことができます。
最大で100万発照射&カートリッジ交換も可能なため、コスパがよいのも嬉しいポイント。家族でシェアして使うのにもおすすめです。
他にも、切り替え可能な連射機能や、深夜の使用に最適な消音機能といった便利な機能が満載です。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
69,800円(税込) 約100万回 光フラッシュ式

レイボーテグランデ

By: amazon.co.jp

レイボーテグランデは、高い脱毛効果でサロンレベルのお手入れができるハイグレードな光脱毛器です。
照射パワーは10段階に調節でき、あらゆる毛質や肌質の脱毛に効果的。
照射ヘッドの種類が豊富で細かい部分にも対応しているため、VIOの脱毛にも最適です。

また、クールヘッドが付属しており、肌を冷やしながら照射することが可能。痛みを和らげ肌への負担を減らしながら脱毛できます。
価格は少し高いですが、最高級の家庭用脱毛器で確実な効果を得たいという方にはおすすめです。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
116,640円(税込) 約60万回 光フラッシュ式

LAVIE(ラヴィ)

By: amazon.co.jp

ラヴィは、全身脱毛・美顔・美肌のお手入れが1台でできる光エステ脱毛器です。ワイドな照射口や7段階に調節可能な照射パワーが魅力。
全身のあらゆる部位を効率的に脱毛できます。

また、安心・安全の日本製で、肌に優しいのも嬉しいポイントです。脱毛をしながらスキンケアも同時にしたい方にはおすすめの1台です。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
42,984円(税込) 約10万回(レベル1の場合) 光フラッシュ式

ルメア プレステージ

By: amazon.co.jp

フィリップスのルメア プレステージは、ヨーロッパで売上No.1を誇る実力派の家庭用脱毛器です。
アタッチメントが顔用・VIO用・身体用の3種類付属しており、脱毛したい部位に合わせて変更可能。
カートリッジ交換はできませんが、全身約500回分のお手入れが可能な耐久性の優れたランプを内蔵しています。
コードレスで気軽に使えるのも嬉しいポイントです。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
57,998円(税込) 約25万回(レベル5の場合) 光フラッシュ式
使い捨て

トリア

By: amazon.co.jp

トリアは、医療脱毛で使用するのと同じ「ダイオードレーザー」を採用した脱毛器です。
メラニン色素への反応がよく、高い脱毛効果が期待できるのが最大のメリット。
また、軽くて持ちやすく、1秒に1回の照射というスピード脱毛が可能です。

もちろん家庭用脱毛器として出力は抑えられているため、安全性は高く肌トラブルの心配はありません。
効果が高い分、部位によっては痛みを感じることもありますが、出力レベルを調節することで肌のコンディションに合わせた無理のないお手入れができます。
できるだけ短期間で効果を実感したいという方にはおすすめです。

価格 照射回数 脱毛法 カートリッジ交換
54,800円(税込) 約30万回 レーザー式
バッテリー交換は必要

家庭用脱毛器でVIOを脱毛する方法


家庭用脱毛器で満足のいく仕上がりにするためには、使用方法をしっかりと守ることが重要です。
ここでは、家庭用脱毛器を使ってVIO脱毛をする前の準備と手順をご紹介します。

脱毛器を使用する前の準備

まずは、VIO脱毛を始める前に以下の下準備を忘れずに行いましょう。

Vラインの形を決める

Vラインの形は人によって好みが違い、全てツルツルにしたい方もいれば、逆三角形や卵形、ハート形といった形に毛を残して整えたい方もいます。
清潔感やおしゃれを考慮しながら、自分がどのような形に整えたいのかを決めましょう。
「綺麗な形に整えるのが難しい」という方は、シェービング用のプレートやペンなどを利用すると失敗が少ないでしょう。

脱毛部分をシェービングする

脱毛器は黒い色に反応するものがほとんどのため、毛が長いまま照射すると火傷してしまう恐れがあります。
脱毛したい部分の毛をカミソリや電気シェーバーで剃っておきましょう。

ただし、脱毛する直前に毛を剃ってしまうと肌に負担がかかったり、肌を傷つけてしまったりなどトラブルの原因になります。
シェービングはできるだけ2日前に行うようにしましょう。

脱毛器を使う手順

VIO脱毛の基本的なステップは以下の通りです。詳しい使い方や手順は、使用する脱毛器の取扱説明書をよく確認してください。

①大きめの鏡を用意し、脱毛部位を確認する

まずは、VIO全体がしっかり見える大きめの鏡を用意してください。
鏡の前で開脚し、剃り残しがないかどうか、肌荒れしてないかなど、安全に脱毛を行うために脱毛部位をしっかりとチェックしましょう。

②脱毛部位を保冷剤などで冷やす

照射する前に脱毛部位を冷やすことで、痛みや肌へのダメージを減らすことができます。
冷凍庫で冷やした保冷剤などをタオルに巻き、脱毛部位に当てて10〜20秒間冷やしておきましょう。

③弱めのレベルから照射する

VIOはデリケートな部分のため、いきなり高出力で照射してしまうと痛みを強く感じることがあります。
肌トラブルを引き起こす原因にもなりますので、まずは1番弱いレベルから照射をスタートし、徐々にレベルを上げていくようにしてください。

④照射後は保冷剤などで冷やし、保湿する

照射前と同様に、照射後も脱毛した部位を冷やすことが大切です。
また、脱毛後は肌が乾燥しやすい状態ですので、刺激の少ない化粧水やボディクリームなどでしっかりと保湿しましょう。

VIO脱毛をする時に注意すること


次に、VIO脱毛をする際に注意するべき点を部位ごとにご紹介します。VIOはデリケートで処理がしにくいため、他の部位よりも特に注意が必要です。しっかりと注意点を確認して安全に脱毛を行いましょう。

Vラインで気をつけること

VラインはVIOの中で最も範囲が広く目立ちやすい部分のため、希望の形をしっかり決めてから脱毛することが大切です。
毛量はそのままで形だけ整えたいのか、全てツルツルに脱毛したいのか、仕上がりのイメージをはっきりさせてから脱毛を始めましょう。
全体的に毛量を少し減らしてから形を整えていきたい場合は、初回だけ全て脱毛し、2回目から形に合わせて照射するのもおすすめです。

Iラインで気をつけること

Iラインは最もデリケートで処理が難しい部分です。大きめの鏡の前でしっかり確認しながら脱毛しましょう。
見えにくい部分ですが、粘膜ギリギリまで照射できるように工夫しながら行ってください。皮膚を軽く引っ張りながら行うのがポイントです。
また、Vラインと繋がって見えるようにすると、自然な仕上がりになります。

Oラインで気をつけること

OラインはIラインと同様に見えにくく処理が難しい部分のため、脱毛の際は特に注意が必要です。
鏡をよく確認しながら、陰部や肛門を照射してしまわないように慎重に行いましょう。
Oラインの毛はあってもあまりメリットがないので、毎回全て剃って照射するのがおすすめです。

まとめ


セルフでVIOを脱毛したい方のために、家庭用脱毛器の選び方やおすすめ商品、脱毛の手順、注意点をご紹介しました。
家庭用脱毛器はどんどん進化しており、エステのような本格的なお手入れができるものもあります。
自宅で気軽に脱毛できるのが大きな魅力ですが、間違った方法や手順で使用すると肌トラブルを引き起こす恐れも。
安全かつ効果的に脱毛するためにも、手順や注意点をしっかり確認して理想のVIOを手に入れましょう!

関連記事

効果がある家庭用脱毛器はどれ?口コミで話題のおすすめ製品を紹介

除毛クリームの使い方をおさらい。正しく使用して美肌を手に入れる!

ブラジリアンワックスって痛い?痛みを軽減する対処方法とコツを紹介!

除毛クリームとは?脱毛クリームとの違いって?効果や使い方も紹介

IPL脱毛の効果がでる回数は?特徴・仕組みについても解説!

抑毛ローションのおすすめ8選!選び方と効果的な使い方も紹介

除毛クリームの仕組みを解説。毛が抜ける理由を知りたい!

SHR脱毛のメリット・デメリットを詳しく解説|危険性はあるの?

ブラジリアンワックスの効果は?実際に体験してわかったメリット・デメリット

除毛クリームおすすめ10選|自宅で簡単セルフ脱毛【2020年最新版】